eラーニング教材 ~ラインによるケアの実践~

いま、職場のメンタルヘルスケアを推進することが事業者にとって大きな責任となっています。
この責任を職場で果たしていくのが管理監督者の役割です。
メンタルヘルスケアを実践していくには、ラインへの教育研修、情報提供がとても大切です。

本教材では、メンタルヘルス指針に述べられているラインの役割や責任を分かりやすくまとめています。
部下を持つ上司の皆さんには、是非とも本教材をご活用いただき、職場のメンタルヘルスケアにお役立てください。

■学習メリット

  • ●管理職が実行すべきことが見えてきます。
  • ●職場のストレス課題と対策が見えてきます。
  • ●不調者への具体的対応方法がわかります。
  • ●社内・社外との連携や相談先がわかります。

■こんなお客様に

  • □これからメンタルヘルス対策を始めたい。
  • □管理職が物理的に離れた場所に点在している。
  • □管理職のための研修が多すぎて負担感が強い。
  • □内容がきちんとしたものを利用したい。
  • □カスタマイズ性の高い商品を利用したい。
※「全府省の新任管理職」数千名の教材に採択された商品です。

目次(デフォルト版)
第1章 メンタルヘルスケアへの基本理解
Lesson1 職場ストレスとメンタルヘルスケア
Lesson2 上司に求められる役割と責任
確認テスト
 
第3章 メンタルヘルス不調者への対応方法
Lesson1 不調のサインに気づく
Lesson2 気づいたときの相談対応
Lesson3 復職支援のポイント
確認テスト
第2章 職場のストレス課題への対処法
Lesson1 職場ストレスとマネジメント責任
Lesson2 負担になっている業務はないか
Lesson3 仕事と個々人との関係
Lesson4 周囲・組織との関係
確認テスト
第4章 社内外資源との連携と留意事項
Lesson1 事業場内産業保健スタッフとの連携
Lesson2 事業場外資源との連携
Lesson3プライバシーへの配慮、家族との連携
確認テスト
サービス一覧へ(PDFダウンロード)
Copyright (C)2011 Well Link co., ltd. All Rights Reserved